「騙されたくない」信頼できる業者をお探しの方へおすすめの記事

屋根リフォームで住宅の寿命が最大化する3つの工法を屋根材別に解説

「屋根から雨漏りがして業者から屋根リフォームを提案された」「屋根がボロボロでリフォームした方が良いのかな?」そう疑問に感じて屋根リフォームについて調べていませんか?

屋根リフォームは「瓦屋根」や「スレート屋根」などの屋根の種類によって最適な工法がり、リフォーム費用が変わります。

また、屋根材によって、将来的なメンテナンスコストも変動するので、導入コストとメンテナンス費用を考慮して、屋根材の種類を総合的に判断することが重要です。

そこで、この記事では屋根を行う前に知るべき屋根リフォームの基本について具体的に解説します。
屋根リフォームの種類や費用対効果の高い屋根材の選び方、適正価格で屋根リフォームを行える屋根リフォーム会社の種類まで屋根リフォームで失敗しない基礎知識について解説します。

屋根リフォームの費用について知りたい方は「屋根リフォームの費用相場とコスパの高い長持ち屋根材3つを徹底比較」の記事をお読みください。

1.屋根リフォームの種類

リフォーム工法 費用相場 施工方法
葺き替え工事 120万〜180万円 既存の屋根材を撤去して屋根材を全面葺き替える(張り替える)リフォーム工法。
カバー工法 80万〜100万円 既存の屋根材の上から新しい屋根材を被せる(重ね張り)リフォーム工法。
屋根塗装 40万〜60万円 塗装により屋根の美観性と防水性を回復させるリフォーム工法

屋根リフォームは「葺き替え工事」「カバー工法」「屋根塗装」の3つのリフォーム工法がありますが、瓦屋根やスレート屋根などの屋根の種類によって最適なリフォーム工法が異なります。

屋根の種類に応じた最適なリフォーム工法について理解を深めることが大切です。

スレート屋根は新築住宅で導入実績の高い屋根材ですが、既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せるカバー工法でガルバリウム鋼板に葺き替えるのが現在の主流です。

このように屋根リフォームは屋根の種類や、屋根の劣化状況によって最適なリフォーム工法が異なるので、まずは屋根リフォームの種類について理解を深めましょう。

屋根リフォームで施工実績の多い、「葺き替え」「カバー工法」「屋根塗装」の3つのリフォーム工法について解説します。

1-1.屋根葺き替え

屋根の葺き替え工事は既存の屋根材を撤去して、新しい屋根材に葺き替えるリフォーム工法で、瓦屋根のリフォームで使用される屋根リフォームです。

屋根の葺き替えは耐久性と耐震性の高さから、ガルバリウム鋼板が屋根の葺き替え工事では主流です。

屋根の葺き替え工事は屋根材の種類にもよりますが、120万円〜180万円が相場です。

屋根の葺き替え工事について詳しく知りたい方は、「屋根葺き替えの費用相場と長持ちする効果的な3つの屋根材を徹底解説」の記事をご参照ください。

1-2.カバー工法

屋根のカバー工法は既存の屋根材の上から新しい屋根材を被せる屋根のリフォーム工法で、スレート瓦の葺き替え工法として開発されました。

既存の屋根材を撤去しないために、撤去費用や廃棄費用が発生しないために従来の葺き替え工事よりも安く屋根のリフォームができるのが特徴です。

スレート屋根の葺き替え工法として開発されたカバー工法ですが、トタン屋根で主流な屋根リフォーム工法として定着しています。

カバー工法で使用される屋根材はガルバリウム鋼板が主流で、80万円〜90万円が主流です。

1-3.屋根塗装

屋根塗装は塗料にとって防水性と美観性を回復させるリフォーム工法ですが、リフォームではなく屋根材のメンテナンスとして施工されるのが一般的です。

スレート屋根とトタン屋根は10年に1度を目安にメンテナンスが必要で、耐用年数が経過した屋根材をリフォームしてもすぐに塗装が剥がれるので、カバー工法によるメンテナンスが必要です。

このように屋根塗装は塗料によって屋根の防水性能と美観を回復させるリフォーム工法です。

2.屋根の種類別のリフォーム工法

屋根リフォームは屋根材の種類によって耐用年数やメンテナンス方法が異なるために、屋根の種類に応じたリフォーム工法について理解を深めておくことが重要です。

ここからは具体的に屋根の種類別のリフォーム工法について理解を深めましょう。

2-1.瓦屋根のリフォーム工法

瓦屋根

瓦屋根はカバー工法によるリフォームができないために、葺き替え工事が主流です。

瓦屋根の葺き替えで使用される屋根材は、耐震性能と耐久性を考慮してガルバリウム鋼板が人気です。

瓦屋根が似合う和風住宅をガルバリウム鋼板で葺き替えることに抵抗を感じる方も多いですが、現在では瓦形状のガルバリウム鋼板も普及しているので、美観性が心配な方は業者に相談してみることオススメします。

日本瓦の耐用年数(耐久性)は80年〜100年と非常に長期的なために、日本瓦の屋根は「葺き直し」と呼ばれる、既存の瓦を再利用する葺き替え工法もあります。屋根材の費用が発生しないために費用を抑えた屋根のメンテナンスが可能です。

2-2.スレート屋根のリフォーム工法

スレート屋根

スレート屋根のリフォームは費用対効果が最も高い、ガルバリウム鋼板によるカバー工法が一般的です。

カバー工法は屋根が二重構造となるために、雨漏りが発生した際に原因の特定が難しいという欠点がありますが、葺き替え工事よりも安く、ガルバリウム鋼板に葺き替えるられるため、カバー工法による屋根リフォームがスレート瓦では主流になりました。

屋根材の劣化が激しく、カバー工法が設置できない場合は屋根の葺き替え工事によるリフォームが行われます。

このようにスレート屋根のリフォームはカバー工法によるガルバリウム鋼板への重ね葺き替えが主流です。

2-3.トタン屋根のリフォーム工法

トタン屋根

トタン屋根のリフォームはスレート屋根と同様にガルバリウム鋼板によるカバー工法が費用対効果が高いために主流です。

トタン屋根は緩勾配(勾配が緩やか)な屋根で施工されることが多いために、雨漏り対策として屋根の嵩上げを行い屋根のカバー工法を行うこともあります。

トタン屋根がカバー工法の下地として使用できない場合、屋根の葺き替え工事が行われてますが、葺き替え工事の際もガルバリウム鋼板が使用されます。

3.屋根リフォームの費用相場

屋根のリフォームは定価がなく、リフォーム業者によって相場感が異なることから、事前に屋根のリフォーム工法別の費用相場について知ることが重要です。

特に、大手リフォーム会社や訪問販売業者などの営業を主体する業者は、実際の工事を施工業者に委託するためにしっかと適正価格を理解して臨むことが重要です。

それでは、具体的に屋根材別の費用相場について見て行きましょう。

3-1.瓦屋根のリフォーム相場

屋根リフォームの種類 費用相場
屋根葺き替え(日本瓦→日本瓦) ¥1,003,200~¥1,801,800
屋根葺き替え(日本瓦→スレート瓦) ¥805,200~¥1,405,800
屋根葺き替え(日本瓦→ガルバリム鋼板) ¥1,003,200~¥1,603,800
※建坪30坪の切妻屋根を基準に算出

瓦屋根のリフォームは屋根の葺き替え工事がメインとなるために、120万円〜180万円が中心価格帯になります。

葺き替えられる屋根材も「耐震性の向上」と「耐久性」を両立できるガルバリウム鋼板への葺き替え工事が主流です。

3-2.スレート屋根のリフォームの相場

屋根リフォームの種類 費用相場
屋根塗装 ¥400,000~¥600,000
カバー工法(ガルバリウム鋼板) ¥739,200~¥1,009,800
屋根葺き替え(スレート瓦→スレート瓦) ¥805,200~¥1,201,200
屋根葺き替え(スレート瓦→ガルバリウム鋼板) ¥871,200~¥1,471,800
※建坪30坪の切妻屋根を基準に算出

スレート屋根のリフォームはカバー工法によるガルバリウム鋼板への重ね葺きが主流で80万円〜100万円が中心価格帯になります。

カバー工法が施工できない場合は屋根の葺き替え工事になり、スレート瓦かガルバリウム鋼板による葺き替え工事になりますが、屋根材を選ぶ際は、施工価格だけではなく、将来のメンテナンス費用も含めて検討するようにしましょう。

「リンクリンクリンク」で詳しく解説していますが、葺き替え工事においてもガルバリウム鋼板がオススメです。

3-3.トタン屋根のリフォームの相場

屋根リフォームの種類 費用相場
屋根塗装 ¥400,000~¥600,000
カバー工法(ガルバリウム鋼板) ¥739200~¥1009800
屋根葺き替え(トタン→ガルバリウム鋼板) ¥871200~¥1471800
屋根の嵩上げ ¥80,000〜¥150,000
※建坪30坪の切妻屋根を基準に算出

トタン屋根のリフォーム費用はカバー工法によるガルバリウム鋼板が中心価格帯で、80万円〜100万円が相場です。

トタン屋根の緩勾配の屋根で施工されることが多いために、カバー工法の際は雨漏り対策で屋根の勾配を急にする「嵩上げ(かさがげ)」が行われる事例も多いです。

嵩上げを行う場合は、相場価格より10万円前後見積もり金額にプラスされます。

嵩上げはトタン屋根の排水性能を向上させるので、トタン屋根のリフォームは「嵩上げ」を含めて検討するようにしましょう。

4.屋根リフォームの適正業者

屋根リフォームの成功を左右する重要なポイントとして「業者選び」が挙げられます。

同じリフォーム内容であっても業者によって見積もり価格が異なるために、適正価格でリフォームを行える優良業者にリフォームを依頼することが重要です。

屋根のリフォーム業者は、業者の「施工形態」によって費用が変動します

リフォームには、自社で直接施工ができる「自社施工業者」と下請けの施工業者に工事を委託する「下請け施工業者」の2種類があります。

中間業者が間に入るほど、下請け業者に支払う間接費用が発生するために、同じ工事内容であっても「下請け施工業者」の方が割高になります。

このように屋根リフォームは、業者の「施工形態」によって費用が異なるために、リフォーム工法に応じた適正業者に工事を依頼することが重要です。

それでは、具体的にリフォーム項目ごとに屋根リフォームの適正業者の種類について見て行きましょう。

屋根業者の選び方については「屋根修理の業者の選び方と地元の優良業者に工事を依頼する3つの方法」の記事で詳しく解説しています。

4-1.屋根葺き替え工事の適正業者

屋根の葺き替え工事は、「屋根瓦業者」か「建築板金業者」が自社で直接施工ができる適正業者です。

日本瓦に葺き替える場合は、「屋根瓦業者」が専門業者になり適正価格で屋根を葺き替えることができます。

一方で、ガルバリウム鋼板に葺き替える場合は、金属屋根の加工を専門とする「建築板金業者」が自社で直接施工ができるので最適です。

このように屋根の葺き替え工事は葺き替える屋根材によって、専門業者が異なるために業者の施工事例を確認しながら専門業者に修理を依頼するようにしましょう。

4-2.カバー工法の適正業者

カバー工法はガルバリウム鋼板が使用されるために、自社で直接施工ができる建築板金業者が最適です。

4-3.屋根塗装の適正業者

屋根塗装は自社で直接施工ができる塗装業者が最適です。

劣化症状によってはカバー工法を提案されることがありますが、費用対効果を含めてリフォーム工法を決めることが重要です。

5.屋根リフォームを成功させるポイント

屋根リフォームは「相場よりも費用が高額だった」という金銭トラブルや「施工後数年で塗装が剥がれてた」という「施工トラブル」が発生しやすいフォーム項目のために、見積もり段階で”提案内容”や”価格”の妥当性を確認することが重要です。

”訪問販売業者”や”大手リフォーム会社”などの「営業」に特化した業者は施工費用が相場よりも高額になるケースも多いために注意が必要です。

ここからは屋根リフォームの「業者トラブル」と「施工トラブル」を回避して、適正価格で費用対効果の高いリフォームを実現するコツについて解説します。

5-1.複数の業者から相見積もりを取る

屋根の葺き替え工事やカバー工法などの高額な屋根リフォームの場合は、複数の業者から相見積もりを行うことで、あなたの自宅の適正価格が分かります。

相見積もりを取る際は、瓦職人や板金職人が在籍している自社施工の屋根修理業者に限定して現地調査を依頼することが重要です。

屋根リフォームは業者によって相場感が異なるために、費用対効果の高い屋根リフォームを実現するために、複数の業者から相見積もりをとるようにしましょう。

5-2.費用対効果の高い屋根材を選ぶ

屋根リフォームの費用対効果を最大限に高めるため、屋根材を選ぶ際は、施工費用だけではなく、将来的なメンテナンスコストも含めて総合的な視点で判断することが重要です。

屋根材の費用対効果の比較表

上記の表は屋根材の導入コストとメンテナンス費用の比較表ですが、40年のサイクルで見ると80万円の差が生じているのが分かると思います。

このように屋根リフォームは施工価格の安さだけではんく、屋根の将来的なメンテナンスコストも踏まえて長期的な視点で比較検討することが重要です。

まとめ

いかがでしたか?屋根のリフォームの基本についてご理解いだだけたか思います。

屋根のリフォームは屋根の種類によって工法が異なるために、あなたの自宅の屋根材に応じたリフォーム工法を理解して、費用相場と適正業者の種類について理解することが重要です。

お見積もり前に気軽にご相談ください

ご依頼内容
(複数チェック可)必須
建物の所在地任意
お名前必須
ご希望の連絡手段
(いずれかをチェック)必須
電話番号必須
メールアドレス必須
具体的なご相談内容任意

コメント