「騙されたくない」信頼できる業者をお探しの方へおすすめの記事

スレート屋根の修理で損をしないために知っておくべき費用相場まとめ

スレート屋根のひび割れを部分的に直そうと見積もりを依頼したら高額な葺き替え工事を提案されて驚かれていませんか?

「まさかそんな大がかりな工事になるなんて・・・」と思っても、業者に早急な対応を迫られたらよく分からないまま、工事を依頼し金額を支払ってしまうでしょう。
確かに、小さなひび割れや欠けに見えたとしても、屋根全体に悪影響を及ぼしていることもあるので、一部修理では済まない場合もあります。

しかし、高額な契約を狙って、無駄に施主の不安をあおり立てる業者も少なからず存在します。スレート屋根は必ずメンテナンスが必要な屋根材です。無駄な費用をかけずに屋根を保っていくためには、劣化症状ごとの修理方法と信頼のおける業者との付き合いが大切です。

そこで、この記事ではスレート屋根の修理を損なく失敗なく行うために、劣化症状ごとの修理費用相場と業者の選び方について解説します。


1.スレート屋根の劣化症状ごとの費用相場と修理方法

スレート屋根に起こりうる代表的な劣化症状ごとの費用相場と修理方法をまとめました。

1-1.ひび割れ

出典:株式会社ラディエント

スレート屋根のひび割れの修理費用は1枚5千円ほどで、ひび割れ部分にシーリング材を埋める作業になります。ひび割れの程度によって金額が変動します。

1-2.欠け・釘の抜け

スレート屋根の欠けの修理費用は1枚8千円ほどで、かけらを接着剤で貼り付けたり、スレートの差し替えをして直します。

スレート瓦を留めている釘のサビ・抜け・ゆるみは既存の釘よりも長いものなどの新しい釘を打ち込みます。既存の釘をそのまま打ち込んでもすぐに抜けてきてしまいます。

1-3.棟板金の傷み

出典:オザワ板金

棟板金は7万~15万円が交換費用になります。

棟板金は屋根の上の尖った部分に被せる金属のことです。この部分の釘が緩んでしまうと、スレートとの間に隙間ができてしまうため、雨水が浸入してしまいます。また、台風などの強風により飛んでいってしまう危険性もあるので、早急に修理をする必要があります。

1-4.雨漏り・天井のシミ・瓦全体のズレ

屋根全体が傷んでいる場合は、屋根材を新しくします。
工事の方法はカバー工法(重ね葺き工事)と葺き替え工事の2種類です。カバー工法の方が葺き替え工事に比べると手間も費用も抑えることができますが、屋根の傷み具合や耐震性を考慮して工事方法を決めましょう。
カバー工法は新しい屋根材の重量がプラスされます。家の構造が耐えられないほどの重量になってしまうと、耐震性が弱まります。専門家の意見を聞いて工事方法を選ぶようにしましょう。

カバー工法(重ね葺き工事)

工事項目 30坪 40坪 50坪
スレート→ガルバリウム鋼板 ¥739,200~¥1,009,800 ¥974,400~¥1,331,100 ¥1,209,600~¥1,652,400
※スレートの上にスレートの重ね葺きは重くなりすぎるのでできません。
※既存のスレートが劣化しすぎている場合は釘が打ち込めないため、重ね葺きができません。
※費用の開きは業者によって単価が異なるためです。

葺き替え工事

工事項目 30坪 40坪 50坪
スレート→スレート ¥805,200~¥1,201,200 ¥1,061,400~¥1,583,400 ¥1,317,600~¥1,965,600
スレート→ガルバリウム鋼板 ¥871,200~¥1,471,800 ¥1,148,400~¥1,940,100 ¥1,425,600~¥2,408,400
※費用の開きは業者によって単価が異なるためです。

1-5.色あせ・剥がれ・カビなど

比較的軽い劣化症状であれば屋根塗装工事でキレイにすることができます。40万円(30坪)ほどが費用相場になります。

しかし、スレート屋根は塗装を施しても屋根自体の寿命を延ばすことはできません。(詳しくは「スレート屋根の塗装をお勧めできない決定的な2つの理由」をお読みください。)
とはいえ、様々な事情から屋根塗装を検討する方も少なくないでしょう。以下に当てはまる場合は、屋根塗装工事を行っても問題ありません。

  • 現時点で費用をかけたくない方
  • 築10年程の場合
  • 目立った劣化がなく比較的状態がキレイな場合

2.アスベスト含有スレート屋根葺き替え工事の注意点

2004年以前のスレート屋根にはアスベストが含まれている可能性があります。

アスベストと聞くと健康被害のイメージが強いですが、屋根に葺かれているままであれば問題ありません。屋根の葺き替え工事時に飛散したアスベストを吸い込むことで健康被害が起こります。

そのため、アスベスト含有のスレート屋根を撤去するには以下の3点を守れる業者でなければなりません。

  1. 石綿作業主任者の選任(石綿主任者技能講習を修了済み)
  2. 労働者全員に石綿特別教育の実施
  3. 特別管理産業廃棄物管理責任者の設置

参考:厚生労働省

自宅のスレート屋根にアスベストが含まれているかわからない場合は、ハウスメーカーや業者の現地調査時に見てもらうようにしましょう。

また、アスベスト含有のスレート屋根の撤去費は、非含有スレート屋根に比べ2~5倍ほど高くなります。そのため、既存のスレート屋根材を撤去せずに工事できるカバー工法を提案されるケースも少なくありません。

しかし、2度目の屋根修理の際は葺き替えとなるので、結局撤去費がかかります。なので、この先どの位住むのか考慮して施工方法を決めると良いでしょう。


3.スレート屋根修理の業者選び

スレート屋根は普及率が高いので、対応できる業者も多いです。その中で優良業者を見分けるポイントをお伝えします。

3-1.施工実績の確認をする

スレート屋根の修理実績があるか確認しましょう。様々な修理の実績がある業者であれば、劣化症状に応じた適切な方法を提案してくれる可能性が高いです。

3-2.保有資格を確認する

屋根の修理や工事の施工技術を証明する資格に「かわらぶき技能士(一級・二級)」「瓦屋根工事技士」「瓦屋根診断技士」などがあります。
施工品質を確認するために、施工実績とあわせて保有資格も確認するようにしましょう。

3-3.複数社から見積もりを取る

スレート屋根修理の適正価格や方法を知るためには複数の業者から見積もりを取ることが大切です。

その中でも、「親身になって相談に乗ってくれた業者」や「写真を撮って丁寧に説明してくれた業者」など金額面以外でも誠意を感じることができた業者を選ぶと、長い付き合いができるようになり安心して修理を任せることができるのでオススメです。


まとめ

いかがでしたか?スレート屋根の修理費用を掴めたかと思います。

スレート屋根の修理は、症状ごとに対処することで適正な価格で行えるようになります。

スレート屋根の修理で損をしないためにも、費用相場を理解して、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

専門業者をご紹介!屋根のお悩みは”安心施工”と”適正価格”を両立した屋根修理で解決できます!

屋根の修理を安心して実現するために最も大切なのは『業者の選び方』です。

専門知識を持っていない業者に屋根修理を依頼すると、すぐに不具合が再発してしまう可能性が高まります。また、正確な工事見積もりでないと、屋根が直らないばかりでなく無駄なお金を払ってしまうことになりかねません。

しかし『イーヤネット』の一括見積もりを利用することで以下のことを実現できるようになります。

  • カンタン30秒!匿名・無料で【審査基準をクリアした優良施工店】が分かる!
  • 賢い見積もり比較で【52.7万円】も安くなる!
  • 【屋根修理のエキスパートが専任担当!】業者トラブルを回避!

適正な料金体系で安心して暮らせる屋根を手に入れるためにもぜひ『イーヤネット』をご活用ください。

匿名でのご利用も可能です
業者から直接電話が入ることはありません