「騙されたくない」信頼できる業者をお探しの方へおすすめの記事

屋根修理の相場価格と適正価格で高品質な施工を実現する3つの注意点

図面と見積書

「屋根修理の見積書をもらったけど、適正価格か分からない」「この金額って安いの?高いの?」そう疑問に感じて、屋根修理の相場価格について調べていませんか?

屋根修理の相場価格は一般に浸透しておらず、工事内容を聞いても、どんな工事を行うのか分からない方がほとんどだと思います。

そのため、屋根修理は訪問販売業者も多く、相場価格よりもはるかに高額な金額にもかかわらず、契約を結んでしまう施主も数多く存在します。

屋根修理で無駄な損失を被らないためにも、屋根修理の相場を理解して適正業者で工事を行うことが重要です。

そこで、この記事では屋根修理の工法別の相場価格についてまとめました。

”屋根の葺き替え工事”や”重ね葺き工事(カバー工法)”などの全面修理を始め、”棟板金の交換”や”瓦の交換”などの小規模な工事まで、屋根修理の具体的な相場価格について解説します。

この記事を読むだけで、相場価格よりも安く高品質な屋根修理を実現することができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


1.屋根修理の相場価格

屋根修理は価格が不透明で、同じ工事であっても業者によって見積もり価格が異なります。

そのため、屋根修理の施工内容(工事内容)に応じた適正価格を把握しておくことが重要です。

「瓦がズレてますよ!」「お家が危ない」と突然訪問してきた業者(訪問販売業者)に屋根の劣化を指摘されて屋根修理を検討している場合は注意が必要です。

このように、屋根修理は相場が不透明で、工事内容も一般の方には分かりづらいので、修理内容に応じた相場価格を理解して臨むことが重要です。

それでは、具体的に屋根修理の相場価格を見て行きましょう。

1-1.屋根材別の相場価格

屋根修理は屋根の種類によって修理内容が異なります。そのため、屋根の種類に応じた屋根の修理方法と相場価格について理解を深めておくことが重要です。

それでは、具体的に屋根材別の相場価格について解説します。自宅の屋根材を確認しながら工事内容と相場価格を確認してみてください。

1-1-1.日本瓦

瓦屋根

工事内容 施工単価 単位 概算費用
瓦のひび割れ補修 ¥5,000 1枚 ¥5,000
瓦の差し替え(交換) ¥9,000 1枚 ¥9,000
漆喰の補修 ¥10,000 m ¥150,000
棟の積み替え ¥6,000 m ¥90,000
屋根の葺き直し ¥10,000 ¥600,000
屋根の葺き替え ¥16,000〜¥20,000 ¥960,000〜¥1,080,000
※屋根面積60㎡の切妻屋根の総二階の住宅を基準に概算費用を算出
※棟の長さは15mを基準に算出
※屋根の葺き替えは屋根材によって費用が変動します。

瓦の”ズレ”や”割れ”などの小さな不具合は「瓦の差し替え」や「ひび割れ補修」で対応します。その際は、10,000〜15,000ほどの価格で修理を行えます。

訪問販売業者に瓦のズレを指摘されて屋根の葺き替えを提案された場合は、部分補修で対応できることがあるので、絶対に即決しないで他の業者に再度、現地調査を依頼すること重要です。

1-1-2.セメント瓦

工事内容 施工単価 単位 概算費用
瓦のひび割れ補修 ¥5,000 1枚 ¥5,000
瓦の差し替え(交換) ¥9,000 1枚 ¥9,000
漆喰の補修 ¥10,000 m ¥150,000
棟の積み替え ¥6,000 m ¥90,000
屋根塗装 ¥5,600〜¥6,475 ¥336000〜¥388,500
屋根の葺き直し ¥10,000 ¥600,000
屋根の葺き替え ¥16,000〜¥20,000 ¥960,000〜¥1,080,000
※屋根面積60㎡の切妻屋根の総二階の住宅を基準に概算費用を算出
※棟の長さは15mを基準に算出
※屋根の葺き替えは屋根材によって費用が変動します。

セメント瓦は20年〜30年前に新築住宅で広く普及した屋根材ですが、現在は生産が終了しています。

そのため、屋根業者が保管している在庫分しか流通していないために、業者が在庫を保管していない場合は”瓦の交換”ができません。

耐用年数(寿命)が経過したセメント瓦は、ガルバリウム鋼板に葺き替えるのが一般的です。

1-1-3.スレート瓦

スレート屋根

工事内容 施工単価 単位 概算費用
スレートのひび割れ補修 ¥5,000 ¥5,000
スレートの差し替え(交換) ¥8,000 ¥9,000
棟板金の撤去・交換 ¥5,000 m ¥75,0000
屋根塗装 ¥5,600〜¥6,475 ¥336000〜¥388,500
カバー工法 ¥11,550〜¥18,480 ¥693,000〜¥1,108,800
※屋根面積60㎡の切妻屋根の総二階の住宅を基準に概算費用を算出
※棟の長さは15mを基準に算出
※カバー工法はガルバリム鋼板を使用します。

スレート瓦は屋根材の防水性能を回復させるため10年に1度を目安に屋根塗装によるメンテナンスが必要です。

また、スレート瓦の耐用年数(寿命)である、25年〜30年を目安に屋根の葺き替えが必要です。

スレート瓦の屋根の葺き替えは既存の屋根材を撤去せずに、既存の屋根材に新しい屋根材を被せる重ね葺き(カバー工法)によるガルバリウム鋼板への葺き替えが主流です。

1-1-4.トタン屋根

トタン屋根

工事内容 施工単価 単位 概算費用
棟板金の撤去・交換 ¥5,000 m ¥750,000
屋根塗装 ¥5,600〜¥6,475 ¥336,000〜¥388,500
カバー工法 ¥11,550〜¥18,480 ¥693,000〜¥1,108,800
※屋根面積60㎡の切妻屋根の総二階の住宅を基準に概算費用を算出
※棟の長さは15mを基準に算出
※カバー工法はガルバリム鋼板を使用します。

トタンは”台風”や”強風”の影響で棟板金が浮いたり、飛んで行ってしまう不具合が多いです。その際は、”棟板金の交換”が必要になります。

また、10年に1度を目安に屋根塗装によるメンテナンスが必要です。

トタンの耐用年数は15年〜20年ですが、スレート瓦と同じく重ね葺き(カバー工法)によるガルバリウム鋼板への葺き替えが現在の主流です。

1-2.屋根修理の単価相場

屋根修理の見積書の妥当性を確認するために、各項目が適正に見積もられているか、単価相場を確認することが重要です。

ここからは修理方法別に屋根修理の単価相場について解説します。

屋根材の施工単価は”1-3.屋根材の種類と単価相場”で詳しく解説するので、まずは屋根修理の単価相場について理解を深めましょう。

1-2-1.屋根の葺き替え工事

見積もり項目 施工単価
既存屋根材の撤去 1500~2500 円/1㎡
既存屋根材の廃棄費用 撤去費用に含めることが多い
下地の補修 1500~2500 円/1㎡
防水シート 500~800 円/1㎡
新しい屋根材 5000~7000 円/1㎡
その他の工事 内容によって変化
足場 500~1500 円/1㎡
管理費、諸経費 工事費用の5~10%

屋根の葺き替え工事は、既存の屋根材を撤去して、新しい屋根材に葺き替える(交換する)撤去する工法と、既存の屋根材を再利用する「葺き直し」の2つの種類があります。

既存の屋根材を再利用する「葺き直し」の場合、”既存屋根材の廃棄費用”と”新しい屋根材”の費用が発生しません。

「葺き直し」は日本瓦などの耐用年数(耐久性)が高い屋根材で用いられます。

1-2-2.屋根の重ね葺き工事(カバー工法)

見積もり項目 施工単価
下地 1500~2500 円/1㎡
防水シート 500~800 円/1㎡
新しい屋根材 5000~7000 円/1㎡
棟板金 3000~5000 円/1m
足場 500~1500 円/1㎡
管理費、諸経費 工事費用の5~10%

屋根の重ね葺き工事(カバー工法)はガルバリウム鋼板を使用されることが一般的です。

1-2-2.屋根塗装工事

見積もり項目 施工単価
足場 ¥800〜¥900
高圧洗浄 ¥200〜¥250
下塗り ¥800〜¥900
上塗り(2回) ¥1800〜¥2500
縁切り ¥450〜¥500
軒天井 ¥1000〜¥1200
破風板 ¥1000〜¥1200
雨樋 ¥800〜¥900
管理費、諸経費 工事費用の5~10%

屋根塗装は塗料の種類によって工事費用が変動します。そのため、屋根塗装は「工事項目」と「塗料」の施工単価について理解を深めておくことが重要です。

1-2-2-1.屋根塗装の塗料の単価相場
塗料の種類 施工単価
ウレタン塗料 1,500~2,000円
シリコン塗料 1,800~2,500円
フッ素系塗料 3,300~4,500円
遮熱・断熱塗料(ガイナ) 3,300~4,500円

屋根塗装で使用される塗料で一般的なのはシリコン塗料です。平均的な30坪(66㎡)の住宅の屋根の場合、¥110,000〜¥160,000が上塗りの塗料の費用の相場価格です。

1-2-3.漆喰補修工事

漆喰補修工事は、既存の漆喰を撤去して新しい漆喰に塗り直す「漆喰塗り直し工事」と棟瓦を積み替える「棟の積み直し工事」の2つの種類があります。

「漆喰が剥がれていて中の土が見えている」場合は、”漆喰の塗り直し工事”でします。一方で、”「中の土がボロボロと出てきている」場合は”棟の積み直し”工事が行われます。

このように漆喰補修工事は棟の劣化症状によって工法が変わるので、見積もり項目をしっかりと確認するようにしましょう。

1-2-3-1.漆喰の塗り直し工事
見積もり項目 施工単価
漆喰補修(塗り直し) ¥4,000~¥5,000 /m(片側)
管理費、諸経費 工事費用の5~10%

漆喰の塗り直しは片面で「¥4,000~¥5,000/m」の施工単価になります。棟が20mの住宅の場合は、¥160,000〜¥200,000が相場価格です。

1-2-3-2.棟の積み直し工事
見積もり項目 施工単価
棟瓦の修理・積み直し ¥8,000〜¥10,000 /m
漆喰補修(塗り直し) ¥4,000~¥5,000 /m
管理費、諸経費 工事費用の5~10%

棟の積み直し工事は、軒が20mの住宅の場合、¥320,000〜¥400,000が相場価格になります。

1-3.屋根材の種類と単価相場

見積もり項目 施工単価
日本瓦 8,000円~10,000円/㎡
スレート瓦 5,000円~7,000円/㎡
ガルバリウム鋼板 6,000円~8,000円/㎡

施工のしやすさと費用対効果の高さから現在の”葺き替え”や”重ね葺き(カバー工法)”で使用される屋根材としてガルバリウム鋼板が主流になりました。

ガルバリウム鋼板の材料費は平均的な30坪の住宅(屋根面積66㎡)で¥396,000〜¥528,000が相場価格になります。


2.屋根修理を適正価格で行う方法

屋根修理の価格も品質も業者選びによってある程度決まります。適正価格で高品質な屋根修理を実現するには業者選が重要です。

そこで、ここからは屋根修理を適正価格で行うために、屋根修理の業者の選び方や失敗を回避する見積もりの注意点について解説します。

2-1.適正業者の選び方

屋根の修理は「日本瓦の葺き替え工事」やスレート屋根の重ね葺き(カバー工法)工事」など屋根材によって工法が異なり、専門業者も異なります。

そのため、屋根の修理の際は屋根材の種類や工法に応じた専門業者に工事を依頼すると、下請けに工事を委託することがなく、自社で直接工事を行うことができるので、適正価格で修理を行うことができます。

日本瓦などの瓦屋根の修理は「瓦業者」。屋根の葺き替えやカバー工法で屋根を葺き替える際は、「板金業者」が適正業者になります。

このように屋根の修理は修理方法によって専門業者が異なるので、修理方法に応じた専門業者に修理を依頼することが重要です。

それでは、具体的に「瓦業者」と「板金業者」について解説します。

屋根修理業者の具体的な選び方に関しては、”屋根修理の業者の選び方と地元の優良業者に工事を依頼する3つの方法”をお読みください。

2-1-1.瓦業者

瓦屋根の葺き替えや修理を専門とする業者です。

2-1-2.屋根板金業者

ガルバリウム鋼板などの金属屋根の修理やガルバリウム鋼板の重ね葺き工事(カバー工法)の専門業者です。

2-2.見積もりの注意点

屋根修理の見積書は優良業者を判断する際の基準なるために必ず確認することが重要です。

特に訪問販売業者に工事を提案された場合は、見積もり価格が相場よりも高額になるケースがあるので必ず見積もり書を確認するようにしましょう。

それでは、見積書の注意点について具体的に解説します。

屋根修理の見積もりについては”屋根修理の見積もり価格を判断する費用相場と業者選びの3つの注意点”の記事で詳しく書いています。

2-2-1.見積書の内容は必ず確認する

価格や見積もり内容の妥当性を判断するために、見積書の内訳は必ず確認するようにしましょう。

特に、訪問販売業者やハウスメーカーなどの営業を主体とする業者の見積もりは、”施工単価”が相場価格よりもかけ離れていないかを確認するようにしましょう。

2-2-2.相見積もりを取る

適正価格と適正業者を判断するために、屋根の葺き替えや重ね葺き(カバー工法)などの大きな工事は必ず相見積もりを取るようにしましょう。

実際の事例で、同じ工事であっても業者によっては30万円の価格差が生じた事例もあるので、屋根の葺き替え工事や重ね葺き工事(カバー工法)を検討している場合は、必ず2社〜3社から相見積もりを取るようにしましょう。

屋根修理で相見積もりをご検討の方は、弊社が運営する屋根修理の一括見積もりサイト”イーヤネット”をご利用ください。経験豊富な専属のアドバイザーがあなたの地元の優良業者をご紹介いたします。


まとめ

いかがでしたか?屋根修理の相場についてご理解いただけたかと思います。

屋根修理は工事内容に応じた相場価格を理解して臨むことが重要です。