「騙されたくない」信頼できる業者をお探しの方へおすすめの記事

屋根業者の選び方と専門業者だけを厳選できるポータルサイトの使い方

屋根修理は劣化症状や不具合によって適正な修理を行うことが重要です。

屋根修理は業者の専門分野によって修理方法が異なる場合があり、簡単な部分補修で修理できる不具合であっても「屋根塗装」や「屋根の葺き替え工事」などの高額な工事を提案されることも珍しくありません。

塗装業者の場合は、「屋根塗装」を提案する傾向にあり、建築士事務所などのリフォーム専門会社は屋根の”葺き替え”や”カバー工法”を提案されるなど、業者の得意分野によって修理方法が異なるので屋根修理の優良業者に修理を依頼することが重要です。

屋根修理で失敗しないために、あなたの地元の屋根修理の業者の「探し方」「選び方」について解説します。

屋根修理の優良業者が多数加盟している信頼できる無料ポータルサイト(業者紹介サイト)や、屋根修理で実力のある屋根業者見極める、ホームページのチェック方法などをまとめています。

一生付き合えるあなたの地元の優良屋根業者が見つかるので是非参考にしてみてくださいね。


1.屋根業者の選び方

屋根修理は自社で直接施工のできる屋根専門業者が最適です。

日本瓦やセメント瓦などの瓦屋根全般の修理は、瓦屋根の葺き替えや修理を専門とする”瓦業者”が適正業者になります。

一方で、トタン屋根やガルバリウム鋼板屋根などの金属屋根の修理は”屋根板金業者”が最適です。

自社で直接施工ができる専門業者に修理を依頼することで、下請けに工事を委託する際に発生する間接費(中間マージン)が無いために、適正な価格で修理を行うことができます。

また、下請け(中間業者)が間に入らないことから、施主の希望を修理内容に反映しやすく、「言った言わない」などの業者トラブルのリスクを低減することができます。

それでは、具体的に屋業者の探し方について見て行きましょう。

1-1.屋根業者の探し方

屋根修理業者を探す際の前提として、優良業者しか掲載することができないポータルサイトや、一括見積もりサイトが有効です。

屋根修理のポータルサイトには「一般社団法人全日本瓦工事業連盟」や「全日本板金工業組合連合会」があり、瓦職人や板金職人などの施工箇所に応じた屋根修理の優良業者が多数加盟しています。

また、地元の優良業者を紹介してくれる屋根修理の一括見積もりサイトは、「地域密着」や「年間施工件数」などを基準に加盟審査を設けているサイトもあり、屋根修理の優良業者を紹介してくれる可能性が高いです。

このように屋根修理の業者選びにはコツがあり、屋根修理を専門とする業者が集まるサイトを基準に屋根修理業者を探すのが重要です。

具体的に屋根修理のが見つかる可能性の高い順番で、屋根修理のの探し方について解説します。

1-1-1.ポータルサイト(業者一覧サイト)で探す

屋根修理の専門性や実務年数など一定の加盟基準を設けているために、自治体や団体が管理・運営しているポータルサイトが業者探しでは有効です。

特に、「(社)全日本瓦工事業連盟」と「(社)建築板金協会」が審査基準が設けられており地域に根ざした優良業者が多数在籍しています。

瓦屋根の修理、リフォーム業者を探す際は、「(社)全日本瓦工事業連盟」を利用し、トタン屋根の修理やガルバリウム鋼板への葺き替えなど金属屋根を扱う場合は、「(社)建築板金協会」の加盟業者を基準に選ぶようにしましょう。

このように「(社)全日本瓦工事業連盟」や「(社)建築板金協会」のポータルサイトは一定の技術水準をクリアしなければ加盟できないことから、屋根修理の業者探しで最もミスマッチの危険が少ない探し方といえます。

1-1-3.一括見積もりサイトで探す

屋根修理は複数の業者から相見積もりを取ることで、業者選びの選択肢が広がるためにミスマッチの危険を回避することができます。

相見積もりを前提としている屋根修理の一括見積もりサイトが非常に便利です。

一括見積もりサイトにはお断りを代行するサイトもあり、「お問い合わせ後、ひっきりなしに電話が来るようになった」「断っているのに、何度も自宅に押し掛けてくる」などの業者トラブルを未然に回避できます。

また、専門のアドバイザーが業者の「専門性」や「地域性」を考慮して屋根の修理業者を手配してくれるので、自力で業者を探す手間が省けるので大変便利です。

ただし、屋根修理の一括見積もりサイトには悪質なサイトも存在し、「塗装業者」や「防水業者」などの屋根修理の専門外の業者を紹介したり、お客様の要望に関係なく、「右から左に業者を流しているだけ」の一括見積もりサイトもあるので利用には細心の注意が必要です。

屋根修理を検討されている方は、弊社の運営するイーヤネットをご利用ください。屋根修理に精通した専門のアドバイザーがあなたの希望にあった優良業者をご紹介します

1-1-1.インターネット検索で探す

屋根修理業者を探す際に、多くの人が実践する業者の探し方ですが、屋根修理とは関係のないリフォーム業者も、屋根業者に成りすましている可能性があるのでオススメできません。

上記の画像のように、「屋根修理 地域名」「雨漏り修理 千葉」と検索すると、該当する屋根修理業者が多数ヒットしますが”訪問販売”などの営業を主体とする業者もヒットするので”1-2.屋根修理の選び方”でお伝えする内容を踏まえて、しっかりと優良業者を見極めることが重要です。

「検索結果で上に表示されている会社が良い会社」と勘違いしてしまいがちですが、検索順位は高額な広告費を支払い意図的に操作することも可能です。

検索順位や広告などは、訪問販売などの営業会社であるほど積極的なので、「1-1-1.ポータルサイト(業者一覧サイト)で探す」でお伝えした、信頼出来る団体が運営するポータルサイトで屋根修理業者を探すようにしましょう。

1-2.屋根業者の選び方

屋根修理は修理の必要のない屋根であっても大きな利益を見込める”葺き替え工事”や”屋根塗装”を進める悪質な業者も存在します。

屋根修理の優良業者は「利益優先」ではなく屋根の劣化状況に応じた的確な修理方法を提案してくれる業者で、実際にお客様の自宅の屋根にのぼり直接工事ができる「自社施工業者」が優良業者の可能性が高いです。

屋根修理業者には、訪問販売に代表される営業会社と、実際に施工を行う施工会社の2つの種類が存在し、施工会社の方が、「営業の歩合」や「下請けへの間接費用」が発生しないので適正価格で屋根を種類できる可能性が高いです。

屋根修理の優良業者はホームページを確認すれば特徴がわかるので、詳しく解説します。

1-2-1.企業情報は必ず確認する

業者のホームページを確認するときは必ず、企業情報を確認し、「屋号」「住所」「電話番号」「代表者の氏名」の記載を確認するようにしましょう。

また悪徳業者は自社の情報を公開したがらないために、「住所」や「電話番号」などの会社としての基本的な内容が記載されていない場合は、選択肢から外すべきです。

会社名と異なる「屋号」で運営していたり「代表者の氏名」が記載されていない場合も、何らかの事情で情報を制限している可能性があるので注意深く確認することが重要です。

1-2-2.施工事例

業者の専門性や技術レベルを確認する上で、施工事例は有効です。

施工価格が丁寧に説明しているサイトは、「お客様に屋根修理を知ってほしい」という気持ちの表れであり、自社の施工品質に自信がなければ掲載することができません。

「施行実積を多く見せることに一生懸命」で写真一枚だけが掲載されている業者ではなく、屋根修理の施行工程や期間、価格までを細かく掲載している業者を選ぶことが重要です。

施行事例に価格を掲載している業者は「利益優先」ではなく屋根の劣化状況に応じた的確な修理方法を提案してくれる業者の可能性が高いです。

1-2-3.ブログ・SNS

社員ブログやfacebookなどのSNSを活用しているリフォーム業者は多いですが、の目線から屋根修理のコツやノウハウを公開している業者は優良業者の可能性が高いです。

一般的なリフォーム会社は、自社の売り込みに精一杯でお客様に対してこの記事のように「業者の選び方」などのお客様に有利な情報は伝えようとしません。

「屋根修理の費用相場」や「費用を安くするコツ」などのお客様の利益になるような情報を、惜しみなくブログやSNSで発信している業者は屋根修理のでありお客様目線の優良業者といえます。


2.現地調査で優良屋根業者を選ぶポイント

”営業会社”や”施行会社”などの業者の本質は、実際に担当者と会話することでわかります。

屋根の雨漏り修理の検査方法や見積書の書式(書き方)など現地調査で判断できることは様々あります。

ここからは屋根修理のを現地調査で見極める方法について解説します。

2-1.適切な調査がされているか

屋根の修理業者によっては会社の方針で簡単な部分補修であっても「屋根の葺き替え工事に繋げる」と決めて現地調査を行う業者も存在します。

お客様の無知に漬け込み必要のない「葺き替え工事」を提案したり、最悪の場合、検査中に屋根を平気で壊す業者も、消費者センターの相談事例として報告されています。

屋根修理は劣化症状に最適な方法で修理を行うために「どのような調査を行ったのか?」「その結果、どのような修理が必要なのか?」という調査方法が極めて重要になります

屋根の劣化を調査する上で絶対に押さえておくべき項目について見ていきましょう。

2-1-1.屋根裏まで確認している

屋根裏まで確認することは、追加工事を回避するために屋根まで検査を実施していることが重要です。

よくある追加工事の事例として、修理をするために屋根材を剥がしたら、屋根の内部の野地板が腐食していたという事例があり、屋根の葺き替え工事のなどの大工事に発展します。

このように追加工事を回避するために、現地調査の段階から屋根裏の劣化状態まで確認することが重要です。

2-1-2.劣化状況を写真に残している

屋根は実際に登ってみなければ正しい劣化症状を確認することができないために、劣化状況の報告や調査結果は業者を信頼するしかありません。

屋根の調査の記録をしっかりと残してもらうために、調査の内容を必ず写真に残してもらうようにしましょう。

2-1-3.散水調査がされているか

屋根の雨漏りは原因の特定が難しく、確実に修理をしなければ再発する危険の高い難易度の高い屋根修理です。

雨漏り修理であっても目視による現地調査が一般的ですが、実際に水を流して雨漏りを特定する散水検査などの雨漏りの原因を特定する正しい調査方法を行うことが重要です。

その他にもサーモグラフィックを使用した調査もあるので、屋根修理の現地調査の際は調査方法を確認するようにしましょう。

2-2.適切な提案をしているか

屋根修理は不具合や劣化症状に応じて、適切な修理方法が検討されるのが普通ですが、修理の専門外の業者の場合、自社の得意分野の修理方法を提案されることがあります。

屋根材を交換するだけで修理ができるような劣化症状であっても、塗装業者の場合であれば、「屋根塗装」を提案される場合もあります。

特に営業会社は、屋根の葺き替え工事のような利益の大きい高額な工事を提案することもあるので、屋根修理のを見極めるために、提案内容を確認するようにしましょう。

2-2-1.現状報告だけで止まっていないか

劣化症状は屋根の葺き替え工事などの屋根リフォームが必要なサインである可能性もあり、現状報告だけの提案は、適切な屋根リフォームのタイミングを逃してしまう可能性もあります。

工事の決断は施主に委ねられていますが、現状を踏まえたオススメの修理方法の提案が業者からあるかどうかを確認することが重要です。

2-2-2.長期的な視点で提案をしているか

屋根修理の費用対効果は劣化状況や使用する屋根材の耐用年数によって大きく変動するために、長期的な視点で修理を提案してくれているかを確認することが重要です。

例えば、屋根塗装は10年に1度を目安に必要ですが、30万円〜50万円が相場なため、30年で約150万円の費用が必要です。

しかし、ガルバリウム鋼板によるカバー工法での葺き替えの場合、70万円〜90万円で修理が可能で、屋根塗装のメンテナンス費用が発生しないために、50万円ほど長期的な費用を節約することができます。

このように屋根修理の現地調査の際は長期的な視点に立って修理方法を提案しくれているかを確認するようにしましょう。

2-3.適切な見積書を提出しているか

見積もり価格と修理の妥当性を確認するためのツールとして見積もり書は重要なチェックポイントになります。

例えば、施工面積が不正に見積もられていたりすることもあるので、屋根修理の優良業者を見極めるために必ず見積書を確認することが重要です。

それでは、具体的に現地調査の見積書の注意点について解説します。

2-3-1.一式見積もりになっていないか

屋根修理の金額は不正を働こう思えばいくらでもできてしまうために、見積もり項目をしっかりと記載してもらうことが重要です。

瓦を一枚差し替えるだけの修理であれば、「屋根修理 一式」と記載しても問題ありませんが、屋根塗装や屋根の葺き替え工事など、塗料や屋根材の種類によって耐用年数や施工単価が異なる場合はしっかりと修理の内訳を記載してもらうようにしましょう。

屋根塗装の場合、同じシリコングレードの塗料であっても施工単価がなるので、屋根修理の際は見積もり項目の内訳を記載してもらうようにしましょう。

2-3-2.内容が正しく見積もられているか

屋根修理の見積書は内訳をしっかりと記載してもらうことが前提になりますが、工事費用が適切に見積もられているかを確認することが重要です。

屋根塗装は足場の設置や高圧洗浄などの項目が積み重なって全体の費用が算出できますが、住宅の施工面積よりも多く、見積もられることも多いためにしっかりと適正な数量で見つもられているかを確認することが重要です。

屋根修理の見積もりの内訳や費用の算出方法に関しては「屋根の葺き替え工事の費用と適正価格が分かる概算見積もりの計算方法」の記事で具体的に解説しています。


まとめ

いかがでしたか?屋根修理のについてご理解いただけたかと思います。

屋根修理のは優良業者は「利益優先」ではなく屋根の劣化状況に応じた的確な修理方法を提案してくれる業者です。

そのため、屋根修理の業者選びの際はここまでお伝えした内容を踏まえて屋根修理のに修理を依頼することが重要です。

お見積もり前に気軽にご相談ください

ご依頼内容
(複数チェック可)必須
建物の所在地任意
お名前必須
ご希望の連絡手段
(いずれかをチェック)必須
電話番号必須
メールアドレス必須
具体的なご相談内容任意