「騙されたくない」信頼できる業者をお探しの方へおすすめの記事

屋根瓦の修理業者の選び方と最短最速で現地調査を依頼する全手法

屋根瓦修理

屋根瓦を優良業者で確実に修理する最短最速の方法は屋根修理の一括見積もりサイトを利用することです。

一括見積もりサイトは地元の屋根修理業者を紹介してくれる業者比較サービスですが、あなたの地元で実績のある屋根修理専門業や即日修理に対応してくれる業者を紹介してくれます。

瓦がずれてしまったり、屋根から落ちてしまったなどの、早急に修理が必要な場合は一括見積もりサイトを利用すると業者探しの手間が省け、ミスマッチのリスクを回避できます。

この記事では屋根瓦の修理を「安く、早く、確実に」修理する方法について解説します。

一括見積もりサイトを利用した業者の選び方と修理が必要な屋根瓦の劣化症状まで屋根瓦の修理の基礎知識について解説するので是非参考にしてくださいね。


1.屋根瓦の修理は一括見積もりサイトを利用する

屋根瓦の修理は屋根修理の一括見積もりサイトを利用すると便利です。

一括見積もりサイトを利用することで自力で業者を探す手間を省略できるために、「瓦がズレてしまった」「瓦が落ちてしまった」などの緊急性の高い修理にも素早く対応できます。

屋根修理の専門業者が加盟しているために、業者選びのミスマッチを回避できます。

屋根修理で一括見積もりサイトを利用する際は、是非弊社が運営する”イーヤネット”をご利用ください。

イーヤネットは独自に加盟審査を設けており、適正価格で屋根修理を実現できる専門業者のみご紹介いたします。

状況に応じて1社だけのご紹介にも対応できますので屋根修理をご検討の方はお気軽にご相談ください。

イーヤネット


2.屋根修理業者の選び方

実際に屋根修理の際にどのように優良業者を見極めれば良いのでしょうか。ここからは屋根修理で失敗しない業者の種類や選び方などの、屋根修理の業者選びで失敗しいない具体的に解説します。

2-1.屋根修理業者のチェックポイント

実際に屋根修理業者を選ぶ際は、下記の2つのポイントを踏まえて業者を選ぶと失敗する確率がグッと少なくなるので必ず確認するようにしましょう。

2-1-1.自社施工の業者の業者

屋根瓦の修理を依頼する際に自社で直接修理をしてくれる自社施工の業者に修理を依頼すのが大前提です。

一般的にリフォーム会社や工務店などは下請けの屋根修理業者に工事を依頼します。その際に下請けに支払う中間マージンが修理費用に上乗せされます。

一方で、自社直接施工の業者は実際の工事を下請けに依頼することなく、自社で修理をおこなうことができます。無駄な費用が発生せずに、最後まで一貫して施工を管理できるメリットがあります。

自社施工の業者に修理を依頼することで適正価格と高品質を実現できるのでオススメです。

2-1-2.経営者自身が屋根職人の業者

経営自身が屋根職人の業者は施工管理が安定するために高品質な修理を実現してくれます。

実際に屋根に上り修理を行ってきた経験がないと気づかない細かな部分までを管理することができるためです。

そのために屋根修理を依頼する際は、経営者自身が屋根職人の業者を選ぶと施工不良のリスクを回避することができるのでオススメです。

2-2.屋根瓦修理の業者の種類と適正業者

屋根瓦の修理に対応できる業者はリフォーム会社や工務店、屋根瓦業者など様々な業者が対応することができますが、それぞれ施工形態が異なり修理費用が異なります。

屋根瓦の修理業者を選ぶ前に屋根瓦の修理業者の種類と特徴について理解を深めましょう。

業者の種類 施工形態 相場感 専門性
リフォーム会社・工務店 下請け施工 ☆☆
営業会社・訪問販売 下請け施工
塗装・防水業者 下請け施工
屋根板金業者 自社または下請け施工 低〜中 ☆☆☆
屋根瓦業者 自社施工 ☆☆☆

上記の表は屋根修理業者の比較表ですが、この表からも分かる通り、屋根瓦の修理は屋根瓦修理業者が適正価格で確実な修理をしてくれる可能性が高いです。

それでは具体的に屋根瓦業者とはどのような業者なのでしょうか?ここからは屋根瓦の修理で適正業者である、”屋根瓦専門業者”と”屋根板金業者”の特徴について解説します。

2-2-1.屋根瓦業者

屋根瓦業者とは瓦の修理やリフォームを専門とする業者です。屋根修理において最適な業者になります。

屋根瓦業者は屋号や会社名に「〇〇瓦店」という名前で営業をしていることが一般的です。

また、屋根瓦の葺き替え工事の技能を証明する資格である”1または2級かわら技能士(国家資格)の資格を保有している業者も屋根瓦専門業です。

このように屋根瓦専門業者は瓦屋根の専門業者になり屋根瓦の修理において最適な業者です。

2-2-2.屋根板金業者

屋根板金業者とはお寺や神社などの銅板屋根やトタンやガルバリウム鋼板などの金属屋根の施工や修理を専門とする屋根修理業者です。

「〇〇板金」という屋号で営業をしているところが多く、金属屋根の修理を専門としていますが、社内に瓦職人が在籍していることが多く瓦屋根の修理にも対応することができます。

業者のホームページで施工事例で瓦屋根お施工実績を確認して、”1または2級かわら技能士(国家資格)”の資格の保有を確認するようにしましょう。

【リフォーム会社・工務店の注意点】

内装や外装など様々なリフォームを行う総合リフォーム会社は、様々なリフォーム案件に対応できますが、実際の施工は下請け業者に依頼します。屋根修理の際は下請け業者の施工技術に品質が左右され、価格も高くなります。

リフォーム会社に屋根瓦の修理を依頼する際は、業者の得意ジャンルや施工形態を確認して適正価格で工事が行えるように相場価格をしっかりと理解して臨みましょう。

2-3.屋根瓦修理の注意点

一般的に屋根瓦の劣化や破損は、台風や地震などの自然災害などの外的要因で発生することが多いでが、突然訪問してきたリフォーム会社の営業マンに指摘され、修理の決断を迫られるケースが少なくありません。

その中で、「早く修理をしなきゃ!」と慌てて業者に修理を依頼すると失敗する確率が高まります。小さな破損や劣化であっても、屋根の葺き替えなどの高額な工事を提案する悪徳業者も存在するからです。

ここからは、屋根瓦の修理で失敗しないための注意点について解説します。

【注意点1】訪問販売の指摘を鵜呑みにしない

突然訪問してきたリフォーム会社の営業マンに「瓦がズレていますよ!」「このままだと雨漏りがしますよ!」と指摘され、屋根瓦の修理を提案されても一旦、保留にして屋根瓦業者に再度点検を依頼しましょう。

【注意点2】現地調査の際は写真に残してもらう

屋根は実際に登ってみなければ正確な不具合が分かりません。そのために、業者に工事を依頼して実際に現地調査を依頼する場合は、劣化箇所を必ず写真に残してもらいましょう。

【注意点3】高額な工事の際は必ず相見積もりを行う

屋根瓦の劣化症状によっては瓦自体を葺き替える必要があります。その際は、工事費用が高額になることから複数の業者を比較するようにしましょう。

特に、屋根の葺き替え工事や積み替え工事の場合は、適正価格を知るために最低でも2〜3社ほど相見積もりを取るようにしましょう。

ここまでお伝えした内容を踏まえて、屋根瓦の修理は一括見積もりサイトを利用すると効率的に地元の優良業者が見つかります。

屋根瓦の修理業者を賢く選びたい方は是非、イーヤネットをご利用ください。あなたの地元で実績のある屋根修理の専門業者をご紹介いたします。


3.屋根瓦の劣化症状と修理方法

屋根瓦の劣化は実際に屋根に登ってみなければ確認することができずに、素人の方では現状を確認することができません。

そのために、実際に修理をする前に、劣化症状に応じた修理内容を理解しておくことが大切です。

まずは、瓦屋根の劣化症状について見て行きましょう。

3-1.瓦の割れ

瓦のひび割れ

出典元:石井角弘商店

瓦が割れてしまう原因は、台風による飛来物が瓦に直撃や雪の重みといった自然災害によって割れてしまうケースが多いです。

また、瓦を固定している釘が錆びて膨張することで瓦を圧迫し瓦が割れてしまうケースもあります。

瓦が割れてしまった場合はコーキングや補修テープでひび割れ箇所を応急処置するか、瓦の差し替え(交換)することで対応します。

コーキングや補修テープでの補修はあくまでも応急処置なので、1年以内を目安に必ず瓦の差し替えを行うようにしましょう。

 

瓦差し替え

出典元:石井角弘商店

 

瓦ひび割れの応急処置

出典:小椋建築

3-2.瓦のズレ

瓦のズレ

出典:堀瓦工業

瓦がズレる原因の多くは地震や強風などの外的要因が原因です。特に、大きな地震の際は、瓦がズレて落下してしまったりするケースが多いです。

瓦がズレてしまった際は部分的な葺き直しによる修理で対応します。

瓦の歪み

出典:石井角弘商店

3-3.棟瓦の崩れ

棟の崩れ

出典元:リフォームハウスの現場日記

棟瓦が崩れてしまう原因は強風など外的要因がありますが、根本的には経年劣化により瓦を固定する力が無くなってしまったり、経年劣化によって棟の土台の漆喰が崩れてしまうことが原因です。

棟瓦が崩れてしまった場合は、漆喰の補修も含めて棟瓦の積み替えを行います。

棟の歪み

出典:中村塗装

3-4.漆喰の崩れ

漆喰の崩れ

出典:エイトリハウス

漆喰は雨風や直射日光に晒され続けているために、時間と共に劣化します。そのために、経年劣化でボロボロと漆喰が剥がれてしまい、崩れてしまうことがあります。

このような場合、漆喰の詰め直しや棟自体の積み替え修理で対応します。

漆喰の補修

出典:第一建装

3-5.瓦の全体的なズレ・浮き

瓦全体の浮き

出典元:シィーエス

上記の画像のように、全体的に瓦がズレたり浮いたりしてしまう原因として大きな地震や竜巻などの外的要因がほとんどです。

このように全体的に瓦がズレてしまっている場合は屋根葺き替えや、屋根全体の瓦を積み直す修理を行います。

瓦の葺き替え

出典元:シィーエス


4.屋根瓦修理の費用相場

屋根瓦の修理は劣化状況に対する修理方法を理解し、修理費用をあらかじめ予測しておくことが重要です。

特に、突然訪問してきた業者に「瓦がズレていますよ!」と指摘された場合、小さな劣化でも、高額な修理費用を見積もられることもあるので注意が必要です。

そのために、適切な修理を適正価格で行うために屋根瓦の修理方法別の費用相場について理解しましょう。

屋根瓦修理の費用相場は下記の通りです。

工事内容 施工単価 単位 概算費用
瓦のひび割れ補修 ¥5,000 ¥5,000
瓦の差し替え(交換) ¥9,000 ¥9,000
漆喰の補修 ¥10,000 m ¥15,0000
棟の積み替え ¥6,000 m ¥90,000
屋根積み替え ¥10,000 ¥600,000
屋根葺き替え ¥16,000〜¥20,000 ¥960,000〜¥1,080,000
※屋根面積60㎡の切妻屋根の総二階の住宅を基準に概算費用を算出
※棟の長さは15mを基準に算出
※屋根の葺き替えは屋根材によって費用が変動します。

まとめ

いかがでしたか。屋根瓦修理についてご理解いただけたかと思います。

屋根瓦の修理は早急に修理をする必要がありますが、業者選びを間違えると修理費用が高額になったり、必要以上の工事を提案されることが少なくありません。

そのために、屋根瓦の修理は屋根瓦専門業者に工事を依頼することが重要です。

お見積もり前に気軽にご相談ください

ご依頼内容
(複数チェック可)必須
建物の所在地任意
お名前必須
ご希望の連絡手段
(いずれかをチェック)必須
電話番号必須
メールアドレス必須
具体的なご相談内容任意

専門業者をご紹介!屋根のお悩みは”安心施工”と”適正価格”を両立した屋根修理で解決できます!

屋根の修理を安心して実現するために最も大切なのは『業者の選び方』です。

専門知識を持っていない業者に屋根修理を依頼すると、すぐに不具合が再発してしまう可能性が高まります。また、正確な工事見積もりでないと、屋根が直らないばかりでなく無駄なお金を払ってしまうことになりかねません。

しかし『イーヤネット』の一括見積もりを利用することで以下のことを実現できるようになります。

  • カンタン30秒!匿名・無料で【審査基準をクリアした優良施工店】が分かる!
  • 賢い見積もり比較で【52.7万円】も安くなる!
  • 【屋根修理のエキスパートが専任担当!】業者トラブルを回避!

適正な料金体系で安心して暮らせる屋根を手に入れるためにもぜひ『イーヤネット』をご活用ください。

匿名でのご利用も可能です
業者から直接電話が入ることはありません