「騙されたくない」信頼できる業者をお探しの方へおすすめの記事

屋根修理の費用の妥当性が分かる見積もり事例4選と適正業者の選び方

屋根修理の画像

屋根修理で業者からもらった見積書が「高いのか安いのか分からない」「屋根の修理費用は本当に適正価格なの?」そう疑問に感じて屋根修理の”費用”について調べていませんか?

屋根の修理は相場が不透明で「同じ修理内容」であっても業者によって見積もり価格が大幅に異なり、相場価格よりも高額なことに気づかずに工事契約を結んでしまうケースも少なくありません。

特に、突然訪問してきたリフォーム会社(訪問販売)は修理の必要のない屋根であっても”葺き替え”や”カバー工法”などの大工事を提案することが当たり前で注意が必要です。

そこで、この記事では屋根修理を適正価格で行うために、屋根修理の内容別の費用相場と、損をしない業者の選び方について解説します。

この記事を読むだけで屋根修理で失敗しない業者選びの知識と、屋根修理の適正価格が分かるとうになるので是非、参考にしてみてください。


1.屋根修理の費用相場

屋根の修理は、瓦1枚を交換するだけの簡単な部分補修から、既存の屋根材を撤去して新しい屋根材に交換する”葺き替え工事”など、状況によって様々な修理方法あります。

屋根の修理は様々な方法がありますが、修理内容によってだいたいの費用相場は決まっています。
ここでは修理内容として多い項目を屋根材別にピックアップしてまとめました。

1-1.屋根瓦の修理費用

工事内容 施工単価 単位 概算費用
瓦のひび割れ補修 ¥5,000 ¥5,000
瓦の差し替え(交換) ¥9,000 ¥9,000
漆喰の補修 ¥10,000 m ¥15,0000
棟の積み替え ¥6,000 m ¥90,000
屋根積み替え ¥10,000 ¥600,000
屋根葺き替え ¥16,000〜¥20,000 ¥960,000〜¥1,080,000
※屋根面積60㎡の切妻屋根の総二階の住宅を基準に概算費用を算出
※棟の長さは15mを基準に算出
※屋根の葺き替えは屋根材によって費用が変動します。

1-2.スレート屋根の修理費用

工事内容 施工単価 単位 概算費用
スレートのひび割れ補修 ¥5,000 ¥5,000
スレート瓦の差し替え(交換) ¥8,000 ¥9,000
棟板金の撤去・交換 ¥5,000 m ¥75,0000
屋根塗装 ¥5,600〜¥6,475 ¥336000〜¥388,500
カバー工法 ¥11,550〜¥18,480 ¥693,000〜¥1,108,800
※屋根面積60㎡の切妻屋根の総二階の住宅を基準に概算費用を算出
※棟の長さは15mを基準に算出
※カバー工法はガルバリム鋼板を使用します。

1-3.トタン屋根の修理費用

工事内容 施工単価 単位 概算費用
棟板金の撤去・交換 ¥5,000 m ¥75,0000
屋根塗装 ¥5,600〜¥6,475 ¥336000〜¥388,500
カバー工法 ¥11,550〜¥18,480 ¥693,000〜¥1,108,800
※屋根面積60㎡の切妻屋根の総二階の住宅を基準に概算費用を算出
※棟の長さは15mを基準に算出
※カバー工法はガルバリム鋼板を使用します。

2.屋根修理の見積もり事例4選

屋根修理は相場が不透明で、同じ工事であっても費用が大幅に異なります。

工事内容と価格の妥当性を判断するにはできるだけ工事の内訳が記載された見積書を提出してもらうことが重要です。”工事内容”、”施工単価”、”数量”の3つの項目は必ず確認し、見積書に記載されていない場合は、必ず記載してもらいましょう。

屋根修理の適正見積もり

上記の画像は屋根の葺き替え工事の見積書サンプルですが、「仮設足場」や「既存瓦の撤去処分」など見積もり項目細分化されています。そして、見積もり項目ごとに、数量と施工単価が明確に記載されています。

このように屋根修理の見積書は”工事内容”、”施工単価”、”数量”が明確に記載されていることを確認した上で、価格の妥当性を検討することが重要です。

2-1.屋根修理で絶対に契約してはいけない見積書

絶対に契約をしてはいけない見積書とは、工事内容が不明確で数量、施工単価が相場よりも高額な見積書になります。具体的に見積書でチェックするポイントについて解説します。

2-1-1.内訳が不明確な「一式」見積もり

屋根修理の悪徳業者の見積もり

上記の見積書は「屋根工事 一式 ¥1,300,000-」としか記載されていません。「葺き替え」なのか、「カバー工法」などの具体的な記載がなく、使用する屋根材も記載されていません。

施工範囲も記載されていないために、「追加費用の発生」や「手抜き工事の原因」となるので、上記の見積書のような”一式見積もり”は絶対に信用しないようにしましょう。

2-1-2.諸経費に費用が上乗せされている

屋根修理の悪徳業者の見積もり

上記の見積書は諸経費の価格が高すぎます。見積書の中で最も不透明な部分である「諸経費」は不正をしやすいポイントなので注意するようにしましょう。

特に、訪問販売業者などに「今、契約してくれれば50万円値引きします」と言われた場合、そもそも見積もり価格が値引き分高額に設定されていたり、他の項目で回収されていることがあるので、必ず「単価」と「数量」を確認するようにしましょう。

2-1-3.不明な工事が記載されている

屋根修理の悪徳業者の見積もり

上記の見積書は「施工内容」「数量」「施工単価」のすべての項目が不明瞭な見積書で、お客様の”無知”に付け込んだ非常に悪徳な見積書です。

まず、「本棟及び下棟瓦調整工事」という工事はありません。お客様がインターネットで調べても情報が出てこないように確信的にこのような名称にしています。「ジョイント補修工事」も同様にそのような工事は聞いたことがありません。

また、「鬼瓦補修工事」は一般住宅では3箇所〜4箇所ほどになりますが、23箇所は多すぎます。

このような悪徳な見積書を提出する業者はほとんどありませんが、工事項目をインターネットで検索をしてヒットしないようであれば、見積もり項目を誤魔化している可能性もあるので注意が必要です。

2-2.屋根修理の見積もり事例4選

ここからは実際に施工業者がお客様に提出した見積書を見てみましょう。

2-2-1.屋根葺き替え工事の見積もり事例

屋根葺き替え工事の見積書

上記の見積書は瓦屋根修理の専門業者のものですが、適正価格です。施工範囲(数量)も正確に見積もられており、施工単価も適正です。

2-2-2.カバー工法の見積もり事例

カバー工法の見積書

屋根板金業者の明瞭見積書です。”足場”と”カバー工法”の項目を分けており素人の方でも分かりやすい内容になっています。数量も施工単価も適正で、使用する屋根材まで記載されており完璧な見積書です。

2-2-3.屋根塗装の見積もり事例

屋根塗装の見積書

こちらも”足場”と”屋根塗装”の項目を分けており素人の方でも分かりやすい内容になっています。数量も施工単価も適正で、使用する塗料の種類まで記載されており完璧な見積書です。

こちらは屋根塗装に対応できる板金業者ですが、実際に屋根塗装を検討する際は塗装業者に依頼すると適正価格で修理を行えます。

2-2-4.屋上防水工事の見積り事例

マンションの屋上防水の見積書です。施工項目が詳細に明記されており、施工面積も正確にさん修理されています。また、”防水工法”まで明確に記載されており完璧な見積書になります。

ビルやマンションの防水工事は施工面積も広いために費用が高額になります。大規模な防水工事にも対応できる防水専門業者に工事を依頼すると間違いありません。


3.屋根修理を適正価格で行う業者の選び方

屋根修理の修理は下請けに施工を委託しない「直接施工」業者に依頼すると適正価格で修理を行うことができます。

突然、屋根の不具合が発生した際に、住宅を建てたハウスメーカーやCMで有名なリフォーム会社に工事を依頼する人も多いですが、実際の工事は下請けの屋根修理業者に委託するために中間マージンが発生し、見積もり金額に反映されます。

一方で、自社施工の業者は現地調査から実際の施工までを一貫して行うので、無駄な中間マージンが発生しないために、適正価格で工事を行うことができます。

下請けを介さず自社で直接施工ができることで、下請けに支払われる中間マージンが発生しないために、適正価格で修理を行うことができるからです。

また、自社直接施工は、下請け施工の業者よりも、お客様の要望を工事に還元しやすいのがメリットです。

このように屋根の修理は同じ工事内容であっても業者によって施工費用が大幅に異なるので、瓦のズレの補修など小さな工事であっても自社直接施工の業者を選ぶようにしましょう。

それでは、屋根修理の適正業者の選び方について具体的に見て行きましょう。

3-1.屋根瓦業者

屋根瓦業者とは”瓦屋根の修理”や”葺き替え”を専門とする屋根修理業者です。「〇〇瓦店」と屋号がついているのが特徴で屋根の雨漏り修理にも対応しています。”瓦の交換”や”屋根の葺き替え”、”漆喰の詰め替え”などに最適です。

3-2.屋根板金業者

屋根板金業者はトタンやガルバリム鋼板などの金属屋根の”葺き替え”や”修理・加工”を専門とする業者です。”〇〇板金”と屋号がついているのが特徴です。トタン屋根やガルバリウム鋼板などの金属屋根の”葺き替え”や”修理”において最適です。

3-3.塗装業者

スレート屋根やセメント瓦は10年に1度を目安に屋根塗装によるメンテナンスが必要です。屋根塗装は塗装業者が最適です。屋根塗装の際に点検を含めて”瓦のひび割れの補修”や”棟板金のメンテナンス”を行ってくれます。屋根塗装を行う際は”塗装業者”最適です。

3-4.防水業者

防水業者はビルやマンションなどの陸屋根の防水工事を専門とする業者です。防水工事は塗装業者でも対応することができますが、塗装と比べて専門技術が必要なために、陸屋根の防水工事や雨漏り修理は防水業者が最適です。

屋根修理の専門業者は多岐に渡り、施工箇所によって適正業者が異なります。そのためどうしても「業者が見つからない」場合や「業者選びに不安を感じる」場合は弊社が運営するイーヤネットにご相談ください。無料であなたの地元の屋根修理の優良業者をご紹介いたします。


4.屋根を火災保険で無料で修理する方法

台風や積雪など自然災害の影響で、瓦が割れてしまったり、欠落してしまった場合、火災保険を適用して保険金で修理できる可能性があります。

実際に、屋根の修理を行う前に「何が原因で屋根が壊れたのか?」という原因を正しく追求して火災保険で修理できるかを検討するようにしましょう。

屋根に修理で火災保険を申請する際は、下記のポイントに注意するようにしましょう。

【注意点1】施工主(被保険者)自身で申し込む

火災保険は必ず施工主(被保険者)自身で申し込むようにしましょう。

火災保険を代行して申請れる業者もいますが承認された保険金の10%〜30%を手数料として見積もり金額に反映されるのが一般的です。

100万円の屋根修理であっても80万円の品質になるので火災保険の申請は代行せずに、施工主自身が申請するようにしましょう。

【注意点2】飛び込み営業の話を鵜呑みにしない

近年多い、屋根修理のトラブル事例として「屋根を無料で修理ができる」を謳い、火災保険で修理をする前提で、屋根葺き替えなどの高額な屋根修理を契約するトラブルです。

実際に蓋をあけてみると保険金が承認されずに実費で修理費用を負担したり、追加工事を請求されたり、火災保険代行業者によるトラブルが多発しています。

そのため、訪問販売業者の話は絶対に鵜呑みにせずに、屋根修理の専門業者に現地調査をしてもらった上で、屋根修理を検討するようにしましょう。


まとめ

いかがでしたか?屋根修理の費用相場についてご理解いただけたかと思います。

屋根の修理は相場が不透明で、業者によっては修理の必要のない屋根に対しても大工事を提案することがあります。

屋根修理で損をしないために、屋根修理の費用相場を理解して、適正業者で工事を依頼するようにしましょう。

お見積もり前に気軽にご相談ください

ご依頼内容
(複数チェック可)必須
建物の所在地任意
お名前必須
ご希望の連絡手段
(いずれかをチェック)必須
電話番号必須
メールアドレス必須
具体的なご相談内容任意

専門業者をご紹介!屋根のお悩みは”安心施工”と”適正価格”を両立した屋根修理で解決できます!

屋根の修理を安心して実現するために最も大切なのは『業者の選び方』です。

専門知識を持っていない業者に屋根修理を依頼すると、すぐに不具合が再発してしまう可能性が高まります。また、正確な工事見積もりでないと、屋根が直らないばかりでなく無駄なお金を払ってしまうことになりかねません。

しかし『イーヤネット』の一括見積もりを利用することで以下のことを実現できるようになります。

  • カンタン30秒!匿名・無料で【審査基準をクリアした優良施工店】が分かる!
  • 賢い見積もり比較で【52.7万円】も安くなる!
  • 【屋根修理のエキスパートが専任担当!】業者トラブルを回避!

適正な料金体系で安心して暮らせる屋根を手に入れるためにもぜひ『イーヤネット』をご活用ください。

匿名でのご利用も可能です
業者から直接電話が入ることはありません