「騙されたくない」信頼できる業者をお探しの方へおすすめの記事

屋根修理のプロが厳選する!岡山で人気のオススメ屋根修理業者4選

岡山で人気のオススメ屋根業者ランキング

「屋根修理はどんな業者に依頼すれば良いの?」そう疑問に感じて「岡山の屋根修理業者」を探していませんか?

屋根修理は「リフォーム会社」や「ハウスメーカー」、「訪問販売業者」など様々な業者が対応できますが、同じ修理内容であっても業者によって「修理方法」や「価格」が異なります。

屋根修理の費用を無駄にせずに、大切な住宅を長持ちさせるために、屋根修理の優良業者で修理をすることが重要です。

この記事では、これまで2000人以上のお客様に屋根修理業者をご紹介してきた実績を基に岡山で失敗しない屋根修理業者を4社ご紹介します。

実際に屋根修理をさせて頂いたお客様から評判の良い業者だけを厳選してご紹介するので、「どんな業者を選べば良いか分からない!」「岡山の優良業者で屋根修理をしたい!」という方は是非、この記事を参考にしてください。

1.プロが厳選した!岡山でオススメの屋根修理業者4選!

【倉敷市】カスマルーフ

会社名 カスマルーフ
住所 岡山県倉敷市浜ノ茶屋1-12-11
電話番号 086-425-5883
URL なし
建築業許可 岡山県知事許可 第025054号
保有資格 一級かわらぶき技能士
施工対応地域 倉敷市、その他近隣エリア

カスマルーフは倉敷市を中心に地域密着で瓦工事、屋根工事の施工を行う、屋根修理専門業者です。

瓦屋根工事の国家資格の「一級かわらぶき技能士」の資格を保有しており、施工技術が高く、高品質な施工を実現できるのが特徴です。

一級技能士が長年の経験をもとに厳選した良質な瓦だけを取り扱い、さらに屋根を長持ちさせる付加価値の高い屋根工事を実現するために、スパイクルーフやゴムアスルーフなど最適な下地材を提案することが可能です。

「施工実績」「施工技術」「経営状況」の、一定の条件をクリアしなければ取得できない、建築業許可を取得しているため、安心して工事を依頼することができます。

カスマルーフは倉敷市を代表する屋根修理の優良業者といえます。

【岡山市】川合ルーフ工業

川合ルーフ

会社名 川合ルーフ工業
住所 岡山県岡山市北区新道85-9
電話番号 086-222-2606
URL https://kawai-roof.com
建築業許可 なし
保有資格 無記載
施工対応地域 岡山市、その他近隣エリア

川合ルーフ工業は岡山市の屋根修理、屋根リフォーム専門業者です。

屋根の不具合や劣化症状に合わせて、熟練した職人による確実な屋根診断を行い、適切な修理を提案できるのが特徴です。
社内の職人の他に、施工箇所に応じた、施工業者を下請けに抱えているため、屋根材の種類や工法に応じて柔軟に対応することが可能です。

特に、屋根の雨漏り修理は屋根だけではなく、外壁やベランダなど原因が複合しているケースも多く、施工箇所が多岐にわたる場合があります。

このような場合でも、屋根や外壁など専門の施工業者で対応できるため、確実性の高い修理を実現することができます。

川合ルーフ工業は岡山市で信頼できる優良屋根修理業者といえます。

【岡山市】株式会社イワショウ

イワショウ

会社名 株式会社イワショウ
住所 岡山県岡山市東区古都宿289-4
電話番号 086-279-8601
URL http://tosou-iwashou.com/
建築業許可 岡山県知事許可(般-27)第17308号
保有資格 二級建築士、一級塗装技能士
施工対応地域 岡山県(北東部)

株式会社イワショウは岡山市の外壁・屋根塗装専門業者です。塗装工事の際に、屋根修理もセットで行うため、スレート屋根やトタン屋根の修理には対応できます。

塗装工事の国家資格である一級塗装技能士が在籍しており、自社直接施工で工事を行えるため、適正価格で高品質な施工を実現できるのが特徴です。

雨漏りは原因を確実に特定し、根本的な修理をしないと再発する可能性が高い難易度の高い工事です。しかし、イワショウは建物の構造や設計に関する専門家である建築士の国家資格者が在籍しているため、確実性の高い雨漏り修理を実現することができます。

また、建築業許可も取得しているため、企業体質も良く安心して工事を依頼できる岡山市を代表する優良業者です。

【津山市】株式会社 竹内瓦

竹内瓦

会社名 株式会社 竹内瓦
住所 岡山県津山市日本原163
電話番号 0868-36-6121
URL http://takeuchi-kawara.com/
建築業許可 岡山県知事許可 第023702号
保有資格 一級かわらぶき技能士、瓦屋根工事技士、瓦屋根診断技士
施工対応地域 津山市、その他近隣エリア

株式会社竹内瓦は岡山県を代表する優良屋根工事業者です。

ほぼ全てのスタッフが「かわらぶき技能士」の国家資格を保有し、直接施工で工事を行えるため、適正価格と品質を両立した施工を実現できます。

また、瓦屋根工事の最難関の資格である「瓦屋根診断技士」も保有しており、プロも認める技術力を確立しています。

竹内瓦は建築業許可も取得しており、安心して屋根修理を依頼できる県内トップクラスの優良屋根修理業者といえます。

上記の業者を選んだ理由とは

「建築士」などの屋根修理で有効な「国家資格」の保有や、国土交通大臣や都道府県知事が認可する「建築業許可」の取得など公的な資格や許可書を保有する業者を厳選しました。特に「建築業許可」の所得には条件があり、取得するだけでも「経営面」「技術面」で一定水準をクリアしている業者になります。このように公的な資格や許可証を保有している業者だけを厳選しご紹介しました。(建築業許可や屋根工事の国家資格に関しては次章の「2.地域密着の屋根修理業者の選び方」)で詳しく解説します。

2.地域密着の屋根修理業者の選び方

これからお伝えする「地域密着の屋根修理業者の選び方」は上記の業者を選んだ基準であり、優良屋根修理を選ぶ目安です。

屋根の修理は「瓦」や「スレート」「トタン」などの屋根材の種類によって適正業者が異なります。屋根を新しく張り替えるの葺き替え工事の際は、葺き替えられる屋根材の種類によって専門業者が異なり、業者の専門性によって30万円〜80万円の価格差が生じます。

そのために、工事内容に合わせて最適な業者を選ぶことが屋根修理を適正価格で行う秘訣です。

ここからは具体的に屋根修理業者の選び方について見て行きましょう!

屋根の修理業者の選び方に関しては「屋根修理の業者の選び方と地元の優良業者に工事を依頼する3つの方法」の記事で具体的に解説しています。

2-1.業者の専門分野を確認する

屋根修理は同じ工事内容であっても、業者の種類によって価格差が生じるために、現地調査を依頼する前に業者の「専門分野」や「施工形態」などを理解する必要があります。

屋根修理業者だけに限らず、リフォーム業者は自社で直接工事を行う、「自社施工業者」と、元請けとしてお客様から屋根修理を受注し、工事を下請け業者に委託する、「下請け施工業者」が存在します。

どちらの業者を選ぶべきかは状況によって変わりますが、「瓦の修理」や「トタン屋根の修理」など修理箇所が特定できる場合は、”瓦業者”や”建築板金業者”などの「自社施工業者」に修理を依頼することで、費用を抑えた修理を実現することができます。

一方で、「雨漏り修理」などの原因の特定が困難で、修理箇所が分からない場合は様々なリフォームに対応できる、工務店や建築士事務所などの「下請け施工」の業者が最適です。

このように業者の専門分野を理解することで、修理内容に応じた適正業者を見極めることができるようになり、業者選びの失敗の可能性を大幅に低減することができます。

業者選びの専門分野は下記の3つの項目で確認することができます。

  1. 施工実績
  2. 建築業許可
  3. 保有資格

それぞれ、具体的に解説します。

2-2-1.施工実績を確認する

現在、インターネットを活用して業者を検索する施主が増えました。お客様を獲得するために多くのリフォーム会社が当たり前のようにホームページを所有するようになりました。

より多くのお客様を獲得するために営業品目を増やし、専門外の修理であっても受注しようとする業者も少なくありません。

そのために、業者のホームページの施工実績を確認し、業者の専門分野を理解した上で業者を選ぶことが重要です。

  • 屋号が「〇〇塗装」なのに屋根工事を宣伝している
  • 施工実績が塗装工事ばかりで屋根工事の事例が少ない

上記のように塗装業者でも屋根工事を請け負っている業者も多いですが、実際に修理をするのは下請けの「施工業者」の可能性が高いので、「瓦業者」や「建築板金業者」などの屋根業者に工事を依頼する方が低価格で高品質な修理を実現することできます。

このように業者の専門分野を知るために、ホームページで業者の施工実績を確認するようにしましょう。

2-2-2.建築業者許可を確認する

建築業は工事の受注金額が500万円以上を超える場合、「都道府県知事」や「国土交通大臣」が発行する”建築業許可”という許可証が無ければ受注することができません。

しかし、一般住宅の屋根の修理は500万円を越えるような工事は滅多になく、建築業の許可が無くても屋根工事を受注受注することができます。

悪徳業者であっても500万円までならリフォーム工事を受注できるため、屋根修理の業者を選ぶ際は、建築業許可の取得を確認することが重要です。

建築業許可は「経営実績」「施工能力」「資金信用」についての条件があり、建築業許可を取得は一定の資質が認められたことになります。

特に、屋根工事にも建築業許可証が設けられており、屋根修理で有効な内容として屋根の施工に関する「屋根工事業」と、下請け(施工業者)の施工管理や工程の管理の「建築工事業」の2つの建築業許可が有効です。

このように建築業許可を保有する業者は、透明性のある優良業者の可能性が高いです。

2-2-3.保有資格を確認する

業者の保有資格を確認することで、業者の施工レベルを確認することができます。

屋根修理や建築に関する資格には国家資格があり、取得には試験に合格する必要があるために、一定以上の知識と技術が求められます。

資格の種類 取得条件
一級・二級建築士 建物設計に関する資格。学科試験と製図試験に合格する必要がある。
一級・二級板金技能士 トタンなどの金属の加工に関する資格。実技試験と学科試を実施。
一級・二級かわらぶき技能士 瓦葺き(瓦の設置)に関する資格。学科と実技試験を実施。

上記の表は、屋根修理に有効な資格ですが、瓦修理は「一級・二級かわらぶき技能士」、トタンやガルバリウムなどの金属の屋根の修理は「一級・二級板金技能士」などの施工に関する資格が有効です。

また、雨漏り修理は正しく原因を究明し修理をしないと再発する危険があるために、住宅の構造や設計に精通している一級・二級建築士の資格を有する建築士事務所が有力です。

このように業者の保有資格を確認することで、施工レベルや専門性を確認することができます。

2-2.高額な工事は相見積もりを取る

屋根の葺き替え工事などの100万円を越える高額な修理の場合は、業者の提案内容の妥当性と適正価格を確認するために、複数の業者から相見積もりを取ることが重要です。

住宅相談統計年報2016 – 住宅リフォーム・紛争処理支援センター(https://www.chord.or.jp/tokei/pdf/soudan_web2017.pdf)の統計によると、リフォームトラブルの相談件数の約7割が相見積もり取らずに1社だけのケースで発生しています。

この統計からも分かるように、適正価格で高品質な屋根修理を実現するために、屋根の葺き替えなどの高額な工事の場合は、3社〜4社を目安に複数の業者から相見積もりを取るようにしましょう。

屋根修理の相見積もりをご検討の方は、弊社が運営するイーヤネットをご利用ください。加盟審査を通過したあなたの地元の優良業者をご紹介いたします。無料で手間なく、屋根修理の優良業者が見つかります。

まとめ

いかがでしたか?岡山の屋根修理業者についてご理解いただけたかと思います。

この記事でご紹介させて頂いた業者は、岡山で実績のある優良業者ばかりです。

弊社が運営するイーヤネットの加盟業者でもあるので「どんな業者を選べば良いか分からない!」「岡山の優良業者で屋根修理をしたい!」という方は是非、この記事で紹介させて頂いた業者に問い合わせて見てください。

お見積もり前に気軽にご相談ください

ご依頼内容
(複数チェック可)必須
建物の所在地任意
お名前必須
ご希望の連絡手段
(いずれかをチェック)必須
電話番号必須
メールアドレス必須
具体的なご相談内容任意

コメント